Project

第4回「古に新あり 田想い感舞」

日時:平成22年9月25日(土曜日)日没(18時頃)より開演
場所:石川県白山市法仏町地内

踊り:藤間信乃輔

お問合せ:藤間信乃輔
     WEBページ:http://www.fujima-shinnosuke.com/
     TEL/FAX等:【メール】shinnosuke1128@yahoo.co.jp

今年も「第4回 古に新あり 田想い感舞」を9月25日に行います。

「古に新あり 田想い感舞」はイベントでは無く
「人間・地域の活性化の為に新しい祭りを創りたいとの思いで始めさせて頂き、
今年で4年目を迎える事ができました。稲刈りが終わった田をそのまま使い舞台とします。
また、電気などは極力使用せず、昔から変わらない火を多用し行っております。
田想い感舞は古より日本人の誇りと魂の象徴である米、それが作られる田にそして先人に感謝する日を
皆様と共感させて頂く事を目的としています。
私は踊りと祭りの根源にあるものは目には見えないものへの祈りと感謝する気持ちであると考えており、
この空間を地域の伝統芸能を広める場にしたいと考えております。
昨年は「柏野じょんがら踊」「白山かんこ踊り」にご参加いただきました。
毎年29世帯しかない町に500名以上の方々がこられます。
夕日が沈む中、清酒、おにぎり、お餅を振る舞い召し上がって頂き、
スピード社会での生活には無いゆとりと心休まる時間を過ごして頂きたいと願っております。
全国へこのような祭りが広がるよう今後も続けさせて頂きたいと思っております。
昨年も白山市の車多酒造様、円八様、浅野太鼓様、ブラジル倶楽部様、
県外からは地元の子供達に絵を描いてもらい行燈に使用する和紙を福井県の石川製紙様、
舞台を照らす消えないローソクを京都造形芸術大学様から等この祭りには欠かせない品々をご提供頂きました。